小学生に塾が必要?アップワードには兄弟姉妹割引がありますよ。

こんにちは!

アップワードの佐々木です。

今回は、

  • 塾に通うタイミング
  • 兄弟姉妹10%割引

というテーマでブログを書いてみます。

 

アップワードでは、兄弟姉妹で通塾される方を対象に兄弟姉妹10%割引を適用しています。

理由は、以下のとおりです。

  • 塾サイド
    低学年時(できれば小学生)から基本の指導をしておきたい
  • 保護者様サイド
    少しでも受講費を抑えたい

これらがWin-Winな形で実現するからです。

 

私たちからすると、できれば小学生の時期から指導させてもらいたいというのが本音です。

もちろん経営的な側面もありますが、現実的に小学生の間に先を見越した指導をしておいたほうが数年後に有利になるからです。

 

>>中学英語が2021年に高難易度化!?(高見先生のブログ記事はこちら)

【2021年】中学英語の大改訂、恐ろしいほど難易度が上がります。

 

卒業生の声」にもメッセージを書いてくれた、平岡南中学校N君をはじめ、小学生の間にアップワードにきて英語を学んだ生徒は、揃って中学校で英語を得意教科としてくれています。もちろん算数も同様です。(英語よりも難易度は高いですが…)

Nくんは小学校の間に中学2年生までの英語を習得し、英語では常にトップクラスの成績を維持することができました。(彼の卒業後のメッセージはこちら

こういう結果があるからこそ、できるだけ早いうちに一緒に勉強をして高校受験で役に立つ知識と技術を身に着けてもらいたいというのが私たちの思いです。

 

保護者様の中には、

  • 小学生の間は塾はまだいいかな
  • 中学1年生の間は様子見かな
  • 中学3年生の受験シーズンになってからでいいや

とお考えの方も多いかと思います。

「塾は学校の勉強のプラスα」「できる間は自分で頑張れ」という考えは正しいです。勉強なんてものは本来、”塾でやらされる”のではなく、自分でやるものですからね。

 

「塾に通えば100%目標高校に合格できる」なんてことはありません。

「アップワードに通えば絶対に第一志望校に合格できます!」なんて無責任なことも言えません。

ですが「現状の学力を把握し目標を定めた行動をする」。これが早ければ、合格確率がグーンと上がることは事実です。

 

いろいろな事情や環境の中で、塾に通うかどうかをこれから決めていく方が読んでいると思いますので、今回の記事を参考にしてもらえればと思います。

 

最後に、少しでも「小学生の間から塾に通わせてみようかな」と思ってもらえるように、アップワードの兄弟姉妹割引を紹介しますね。

アップワードの兄弟姉妹割引は、月額授業料を10%割引としています。

例えば、以下のとおりです。

割引後の料金

  • 中学生(兄)週3コマ 19,602円(通常21,780円)
  • 小学生(妹)週1コマ 4,950円(通常5,500円)
  • 合計24,552円/月額

もし上の例で、中学生の兄だけが通っていれば割引なしで「21,780円」が必要ですが、小学生の妹が通うようになると両者10%割引となり、実質2,772円の追加で妹も塾に通うことができます

この金額差をどう感じるかはわかりませんが、例えば2,772円の追加で週1回の英語を受けてもらえれば、中学校では抜群に差が出ることを自信を持ってお伝えできます。

 

先程も書きましたが「塾はプラスαの勉強」です。

しかし、目標に対して効果を発揮するためには、塾に通い始める時期というのはとても重要になってきます。

特に、小学生のお子様がいる保護者様にはいまいちど検討してもらえれば幸いです。

以上、長文読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です