冬期講習の概要

2021年の冬期講習では、2学期で学んだ内容を中心に5教科の演習を行います。

成績向上に最も効果的な方法は練習です。

どれだけ練習したかが、結果に大きく表れてきます。

冬休みの期間を使って、できるだけたくさん問題と向き合いましょう。

  • 2学期の内容を中心に、重要問題を厳選して演習します。
  • 各生徒のペースにあわせて進めるため、苦手な教科はじっくり、得意な教科はガッツリ演習できます。
  • 講習最後にテストを実施し、不合格者は「できるまで演習」を行います。
居残りについて

冬期講習では毎授業での小テストを実施しません。ただし、最低限こなすべき問題量を指定するので、ノルマに達しない場合は居残りとなります。ノルマが達成できそうになければ、できるだけ早く連絡をいれるようにしますが、対応しきれない場合があるので、ご家庭で送迎のルールを決めておいて下さい。

期間と授業回数

2021年の冬期講習の期間は以下のとおりです。

2021年12月8日(水)〜2022年1月7日(金)

この間、個別に時間割を作成して冬期講習カリキュラムを消化していきます。(授業は普段と同じ時間帯に実施します。)

授業回数は学年ごとに異なるので、以下をご確認下さい。

学年 授業回数 授業内訳
中1 14コマ × 80分 英語:3コマ|数学:3コマ
国語:2コマ|理科:2コマ
社会:2コマ|テスト:2コマ
中2 18コマ × 80分 英語:5コマ|数学:5コマ
国語:2コマ|理科:2コマ
社会:2コマ|テスト:2コマ

通常授業で『理・社』を受講していない生徒は「+3コマ(1教科につき)」の基礎知識確認授業を受けてもらいます。

冬期講習の費用(税込み)

12月と1月は、通常授業と冬期講習が混合した月となるため、以下の通り授業料を表にまとめています。

授業料は、

【12月】通常授業(1週間)|冬期講習(3週間)
【  1月】通常授業(3週間)|冬期講習(1週間)

で計算しています。

中1の授業料金

対象の授業 12月授業 1月授業
通常授業 3,740円
(1週分)
11,220円
(3週分)
冬期講習 19,710円
(3週分)
6,570円
(1週分)
授業料の合計 23,450円 17,790円
口座振替日 11月10日 12月10日
講習受講による増加額 11,320円

通常授業で『理・社』を受講していない生徒は「+3コマ(1教科につき)」の基礎知識確認授業を受けてもらいます。『各月+660円(1教科につき)が必要となるのでご注意下さい。理・社 両方の場合「+6コマ」で「各月+1,320円」となります。

対象の授業 12月授業 1月授業
通常授業 5,445円
(1週分)
16,335円
(3週分)
冬期講習 19,710円
(3週分)
6,570円
(1週分)
授業料の合計 25,155円 22,905円
口座振替日 11月10日 12月10日
講習受講による増加額 4,500円

通常授業で『理・社』を受講していない生徒は「+3コマ(1教科につき)」の基礎知識確認授業を受けてもらいます。『各月+660円(1教科につき)が必要となるのでご注意下さい。理・社 両方の場合「+6コマ」で「各月+1,320円」となります。

対象の授業 12月授業 1月授業
通常授業 6,930円
(1週分)
20,790円
(3週分)
冬期講習 19,710円
(3週分)
6,570円
(1週分)
授業料の合計 26,640円 27,360円
口座振替日 11月10日 12月10日
講習受講による増加額 ▲1,440円

通常授業で『理・社』を受講していない生徒は「+3コマ(1教科につき)」の基礎知識確認授業を受けてもらいます。『各月+660円(1教科につき)が必要となるのでご注意下さい。理・社 両方の場合「+6コマ」で「各月+1,320円」となります。

中2の授業料金

対象の授業 12月授業 1月授業
通常授業 5,445円
(1週分)
16,335円
(3週分)
冬期講習 24,534円
(3週分)
8,178円
(1週分)
授業料の合計 29,979円 24,513円
口座振替日 11月10日 12月10日
講習受講による増加額 10,932円

通常授業で『理・社』を受講していない生徒は「+3コマ(1教科につき)」の基礎知識確認授業を受けてもらいます。『各月+660円(1教科につき)が必要となるのでご注意下さい。理・社 両方の場合「+6コマ」で「各月+1,320円」となります。

対象の授業 12月授業 1月授業
通常授業 6,930円
(1週分)
20,790円
(3週分)
冬期講習 24,534円
(3週分)
8,178円
(1週分)
授業料の合計 31,464円 28,968円
口座振替日 11月10日 12月10日
講習受講による増加額 4,992円

通常授業で『理・社』を受講していない生徒は「+3コマ(1教科につき)」の基礎知識確認授業を受けてもらいます。『各月+660円(1教科につき)が必要となるのでご注意下さい。理・社 両方の場合「+6コマ」で「各月+1,320円」となります。

よくある質問

授業の進め方を教えて下さい。

冬期講習は演習中心の授業です。『自力で問題を解く』→『質問をする(映像解説を見る)』→『次の問題を解く』を80分間繰り返します。問題を進めるに従って難易度を上げているので、できる限り先を目指して頑張ってもらいます。

居残りの頻度はどれくらいですか?

冬期講習では、授業中に進めるべき問題量を指定しています。そのノルマを達成できなければ居残りとなります。(22:40が最終下校時間)生徒ごとに解くペースが違うため頻度をお伝えすることはできませんが、人によっては毎回居残りとなる可能性もあります。ちなみに、ノルマは厳し目(多め)に設定します。

小テストは実施しないのですか?

冬期講習では授業回数が少ないため、毎授業での小テストを実施しません。その代わり「まとめテスト」を実施します。不合格者は居残りとなります。テストは全生徒共通の固定日程で実施します。(都合が合わない場合は振替対応します)

理・社の基礎知識確認授業とは何ですか?

通常授業で理・社の授業を取っていない生徒向けの授業です。最低限の知識がなければ冬期講習の授業効率が下がるため、事前に基礎知識を確認することを目的としています。学力問わず該当の方は必ず受けて下さい。『理科80分×3コマ/社会80分×3コマ』で最大6コマ実施します。※通常授業で受講している教科(理・社いずれか)は不要です。本授業は、冬期講習開始前から前倒しで実施していきます。

授業を追加で増やせますか?

増やせます。ただ、やる気があるのであれば、授業を追加するのではなく自習で塾に通って「学校の課題を完璧にする」だけで十分に成績向上が見込めます。費用も掛からないので、塾の環境を活用して下さい。追加授業は「一人では勉強が進まない」というような場合に、個別にご相談下さい。

授業料の計算方法について。

12月の1週目は通常授業を実施するため週割計算(÷4)で授業料を算出しています。残りの3週間は冬期講習となるため講習費用が必要となります。1月では、1週目は冬期講習、残りの3週は週割計算(÷4×3)の通常授業料を算出しています。

冬期講習のお申し込み

冬期講習の受講回答を以下のフォームにて「全員」送信して下さい。

教材準備や時間割作成に必要な情報となりますので、ご協力よろしくお願い致します。

回答期日:2021年10月24日(日)

    必須生徒名
    必須学年
    必須受講申し込み

    • 冬期講習について、ご相談がある場合はLINEまたはお電話にてご連絡ください。(授業中はLINEの方がありがたいです)
    • お申込み後の変更は『2021年11月15日(月)』までとさせて頂きます。